精神科医・和田秀樹の公式サイトです
有限会社 ヒデキ・ワダ・インスティテュート
〒113-0033 東京都文京区本郷3-21-12 RTビル101
TEL:03-5840-7613 FAX:03-3814-2784

コンテンツ

ブログ「テレビで言えないホントの話」
  ◆お知らせ◆
・【『和田秀樹監修「和田式コーチング塾」』 リンク追加】 [2019年4月]
・【『メルマガ:テレビでもラジオでも言えないわたしの本音』 リンク追加】 [2019年3月]
・【『和田式0からの合格法』 リンク追加】 [2019年2月]
・【『Webマガジン「B-plus」』 リンク追加】 [2013年4月]
・【『「わたし」の人生』 リンク追加】 [2012年5月]
・【『和田塾・緑鐵舎 ホームページスタート リンク追加】 [2011年8月]
・【『和田秀樹 こころと体のクリニック』 リンク追加】 [2010年5月]
和田秀樹監修「和田式コーチング塾」
テレビでもラジオでも言えないわたしの本音
和田式0からの合格法
「医学部予備校 比較ランキング」
「わたし」の人生
和田秀樹 原案、監督映画作品
学力向上!セミナー
学力向上!セミナー
和田秀樹監修の緑鐵受験指導ゼミナール

◆WEB&好評連載情報◆
・【ブログ「テレビで言えないホントの話」掲載中】
http://ameblo.jp/wadahideki/

・【Webマガジン「B-plus」掲載中!】
http://www.business-plus.net/business/columnist/cat101/
心理学を仕事に活かす発想やノウハウをお届けする、働き盛りのビジネスパーソンに向けたコラム「心理学で仕事に差をつける」

・【読売新聞の毎週土曜日夕刊「週間KODOMO新聞」連載中!】
毎回中学入試レベルの問題とコラムを紹介。子どもの家庭学習の一環として、また脳の体操などにもたいへんおすすめです。読売新聞購読他、キヨスク各店でも購入可能です。
和田秀樹セミナー
和田秀樹初監督作品「受験のシンデレラ」 モナコ国際映画祭にてグランプリ
(最優秀作品賞)を含む、4部門受賞
受験のシンデレラ
受験のシンデレラ デラックス版 [DVD]
品番:GNBD-1525 価格¥4,935(税込)
発売元・販売元:ジェネオン エンタテインメント
【本編】107分
【特典】30分 
メイキング、インタビュー(寺島咲、豊原功補、和田秀樹監督)
予告篇、リーフレット(4p)封入


*受験のシンデレラ デラックス版 [DVD]購入
*「受験のシンデレラ」のホームページ
和田秀樹への執筆・取材・講演の依頼当はこちらへ


*【注意】和田秀樹宛て「事業提携申し出」「執筆原稿や資料」等の郵送物はお受けしておりません。
尚、お送りいただいた場合、こちらで廃棄させて頂きますのでお返しできません。
何卒ご了承ください。[2012年6月]
(経緯に関してはブログにて公開しております)
 http://ameblo.jp/wadahideki/entry-11275363473.html


*以前、こちらのページにて掲載しておりました『シゾフレ・メランコのテスト』
及びインターネット、カウンセリングサービス『ココロクリニカ』につきましては
2009年3月より担当スタッフ退職の為、休止させていただいております。
何卒ご了承ください。[2010年3月]


◆新刊情報◆
(タイトルリンクをクリックすると Amazon.com のページが開きます。 ネット購入も可能です。)

経営者の大罪
祥伝社 798円 ISBN: 978-4396112769
いま日本は長期の不況に喘(あえ)いでいる。その元凶は政治家か、それとも官僚か?しかし戦後の経済成長を成し遂げたのは政府でも官僚でもなく、民間企業、そしてそれを率いる経営者たちだった。現代の日本の低迷の最大の要因は、この経営者の力の凋落(ちようらく)に他ならない。アメリカ型システムに追随するだけで、日本に国益をもたらすという、大局的視点や知性に欠けた無能な経営者こそが、消費不況、年金・福祉の崩壊、自殺者数の増加といった問題を招いているのである。日本が立ち直るためにはまず、この国をダメにした経営者の「大罪」を裁かねばならない!

テレビに破壊される脳
徳間書店 1,365円 ISBN: 978-4198633479
依存症を悪化させ、子供の学力を蝕み、さらには東日本大震災の被害を拡大し続けているテレビの実態とは? 日本人の心身を害し、国を滅亡に導くテレビのマインドコントロールの手法を暴く。

10年後も食える人 1年後すら食えない人
青春出版社 1,470円 ISBN: 978-4413038430
世の中の大多数は、得したいのに損している人たちである―。長引く不況で給料が上がらない、将来が不安だ…といった悩みが増えていますが、それは環境だけのせいではありません。収入が増えない、仕事がうまくいかないのは、お金の生かし方や成果を出す仕事のやり方がわかっていないため。だから様々な局面で得したいのに損してしまうのです。「将来が不安だから貯金する」といった、ありきたりの考え方や習慣のクセを見直して、お金や仕事を呼び込み、人生を好転させる方法を紹介。

「がまん」するから老化する
PHP研究所 756円 ISBN: 978-4569795317
人間はいくら歳を取っても、心と体を使い続けることで若い状態を維持できる。一方で、高齢者になればなるほど「使わないときの衰え」は早くなり、「健康のため」と称する無理なダイエットや節制が、老化のスピードを加速させてしまう。つまり、「がまん」ばかりの消極的な生活を送ってはいけないのである。本書は、最新の老年精神医学の知見をもとに「人は感情から老化する」「やせても長生きできない」「もっと肉を食べてもいい」など、アンチエイジングの“新常識”を解説。いつまでも若々しさを保つ生き方の秘訣とは?。

脳科学より心理学
ディスカヴァー・トゥエンティワン 1,050円 ISBN:978-4887598829
つい数年前まで「脳科学は万能である」ともてはやされたブームも、いまやすっかり下火になりました。精神科医として活躍する和田秀樹さんは、当時のことを「前時代的な幻想だった」と振り返ります。 曰く、脳科学はまだまだ過渡期にある学問で、ほとんどの学説がいずれ覆るかもしれない仮説にすぎず、再現性・実証性に乏しいものだった、と。ポスト脳科学時代のいま、私たちの頭を良くするものとして和田さんが提唱するのが「心理学」です。心理学といっても、肝は「仮説→結果を分析・検証→再び仮説…」のサイクルを癖として持つこと。これを回し続けるだけで、マーケティング、セールス、マネジメント、ひいては生き方そのものにも応用することができます。さあ、あなたもこの21世紀型の「頭の良さ」を、一足先に身につけてみてください。

男も更年期で老化する
小学館 735円 ISBN:978-4098251087
著者「老化する」シリーズの決定版!感情の老化も、動脈硬化も、うつも、すべての老化現象は「男性更年期」から始まる! 「人は感情から老化する」「がまんするから老化する」に続く決定版です。 長年、老年精神医学の現場で研究を続ける著者が、自身が50代を迎えるにあたり、どうすれば“老化の勝ち組”になれるのか、という課題に挑んだ一冊。 男も女も、人間が最も老化する時期が、更年期。この時期の不調は、「うつ」や「内科系の病気」と誤解されがちな症状ですが、放っておくと40代以降の男性のQOLを大きく損なう上、仕事の効率が下がって、今の時代ではリストラ対象にもなりかねない、社会的生命まで危うくするものなのです。 更年期を迎え、著者自身が「私自身のためともいえる、老化予防の書である」と断言する、すべての男性必読の書。 読んだ人だけ、若く明るい老後を迎えることが出来ます!!  ■運動していないのに、朝起きたら筋肉痛がある ■「昔より頑固になった」と言われる ■フェイスブックやスマートフォンなどの新しいメディアに興味がない ■走ると胸が揺れる こんな症状にひとつでも思い当たる方、まずは本書の「男性更年期度テスト」にチャレンジしてください!

テレビの大罪
新潮社 735円 ISBN:978-4106103780
あなたはテレビを信じますか?うつ、自殺、冤罪、格差、医療崩壊。テレビを精神分析してみれば、すべての元凶がそこにあった!

なぜ若者はトイレで「ひとりランチ」をするのか
祥伝社 1,470円 ISBN:978-4396613679
トイレの個室の中で、ひとりで昼食をとる「便所飯」。「一緒に昼食をとるような友達がいない人間だ」と、他者から思われてしまうという強迫観念に苦しんだ子供たちが、トイレの個室に駆け込む。その心理と病理を解読する。


[新刊]
「脳が老化」する前に知っておきたいこと
青春出版社 1,015 円 ISBN: 978-4413045711
もの忘れはあって当たり前! 多少ボケでも“心の老化"対策さえしていれば、いつまでも人生を楽しめる。30年以上にわたり高齢者医療の現場にかかわってきたからこそわかる、ボケ予防より大切な「心の老い支度」のススメ。序章 「心の老化」がすべての始まりだった!?―認知症=ボケより先に始まる、この兆候を見逃さない(「心の老化」への準備はできていますかボケはだれにでも起こる。


[新刊]
脳のため光を浴びよ肉を食べよう
新講社 972 円 ISBN: 978-4860815837
そもそも「老化」とは何でしょうか。脳の老化(認知症につながる)、血管の老化(動脈硬化)、骨の老化(骨粗鬆症)、目の老化(老眼)、耳の老化(難聴)・・・。これらは臓器の老化で、人間の老化とは違います。人間の老化とは、気持ちが落ち込むことです。病気を抱えながらも溌剌とした人もいます。体(臓器)に悪いところがないようでも老け込んでいる人もいます。臓器の老化だけでは人間の老化は測れません。では、「老け込む」のは、どうしてでしょうか。歳を取ると、明るい気持ちの維持に大切な神経伝達物質のセロトニンや、男の活力に必要な男性ホルモンが減ります。すると、不安感を抱きやすくなったり、意欲や活力が落ちたりします。活力が落ち、気持ちが落ち込んで、生活に変化がないと、人は老け込んでいきます。気持ちの明るさや活力に必要なセロトニンや男性ホルモン。これらは生活習慣を変えることで増やすことができます。それが【肉を食べ、光を浴びる】ことです。肉は、セロトニンの材料のトリプトファンというアミノ酸を多く含んでいます。男性ホルモンの材料のコルステロールも多い。そして、光を浴びることでもセロトニンは増えます。つまり、日常【肉を食べ、光を浴びる】ことで、セロトニンと男性ホルモンが増え、若々しく活動的でいられるのです。肉を食べると快活になり、光を浴びるとリフレッシュする。これは、だれでも経験されていることですね。歳をとったからといって、肉を控えすぎてはよくないのです。肉を食べ、光を浴びると、元気になる。本書は、老年精神科医の和田先生が、いつまでも若々しく、明るい気持ちでいられるように、【肉と光】からみた【生活習慣の提案】です。


[新刊]
「感情の老化」を防ぐ本
朝日新聞出版 1,080 円 ISBN: 978-4023317710
医師がみた人生100年のウソと本当。夢の長寿社会が実現するとして、「人生100年」がキーワードとなっている。人々が若々しく過ごし、高齢になっても働き続け、マルチなステージで活躍するライフスタイルが提示されるが、それらは高齢者医療とは無関係なビジネススクールの学者たちが示す未来像だ。長年、高齢者医療に携わってきた著者は、もっと別の「人生100年社会」があると説く。これからの時代は、人々が若返るからではなく、死ななくなるから寿命は100歳近くまで延びていくのだ。来るべき本当の人生100年時代とは、これまで10年ほどだった老いの期間が、20年〜30年に延長する時代だ。そのため、老年を迎えた人々の、知的機能や体力、健康度、若々しさなどの個人差が拡大する社会が到来する。人生100年の真の姿を解き明かし、延長する老いの期間に向け、身体と脳の若々しさと健康を保つ方法、幸せな老いを迎えるためのヒントを老年医学の専門家である著者が説く。


[新刊]
「人生100年」老年格差
詩想社 1,080 円 ISBN: 978-4908170201
医師がみた人生100年のウソと本当。夢の長寿社会が実現するとして、「人生100年」がキーワードとなっている。人々が若々しく過ごし、高齢になっても働き続け、マルチなステージで活躍するライフスタイルが提示されるが、それらは高齢者医療とは無関係なビジネススクールの学者たちが示す未来像だ。長年、高齢者医療に携わってきた著者は、もっと別の「人生100年社会」があると説く。これからの時代は、人々が若返るからではなく、死ななくなるから寿命は100歳近くまで延びていくのだ。来るべき本当の人生100年時代とは、これまで10年ほどだった老いの期間が、20年〜30年に延長する時代だ。そのため、老年を迎えた人々の、知的機能や体力、健康度、若々しさなどの個人差が拡大する社会が到来する。人生100年の真の姿を解き明かし、延長する老いの期間に向け、身体と脳の若々しさと健康を保つ方法、幸せな老いを迎えるためのヒントを老年医学の専門家である著者が説く。


[新刊]
受験に勝つ! 和田式自分のやる気をつくる本
海竜社 1,080 円 ISBN: 978-4759316513
「やらねば」と、わかっているのにやれない自分。そんな“ダメな自分"がいやになることもあるでしょう。いったん手をつけてしまえば、そのあとはスイスイいくのに、もう一歩がどうしても踏み出せない。このジレンマ、誰しもが一度は感じたことがあるはずです。「何がやる気を出すきっかけになるか」は一人ひとりで違っています。その時どきでも違うのかもしれません。本書では、最適な方法を探り当てるノウハウを、5つに分類し、それぞれ3つのステップ、5つのメソッドに整理しました。 何か一つでもいいのです。75個あるメソッドから、あなたに合ったやる気のつくり方を見つけていただけたらと思います。


[新刊]
公立・私立中堅校から東大に入る本
大和書房 1,512 円 ISBN: 978-4479796800
「子どもの受験」が変わるからこそ、絶対に親が読むべき本! 2020年から入試はどう変わるのか?「偏差値50の子」こそ、東大を目指すべき! 東大合格までのゴールを見据え、「自分だけ」のカリキュラムをつくれば、その先を「生き抜く力」も身につく! 先の見えない将来を生きる子どもたちに必要な「本当の勉強法」がここに! 親のころの受験とは、まったく違うんです! 「わかったつもり」の人も必読の書。
教育書を多数執筆し、多くがベストセラーになっている実績をもつ和田秀樹氏の渾身の書。2020年の入試改革への備えにもふれ、具体的なノウハウを数多く入れた。いわゆる「地頭のいい子」でなくとも、東大を目指せる、合格できると説得力と具体的方法論をもって伝える。著者実弟「勉強があまりできなかった子」のエピソードにも触れ、「普通の子」の親にとって希望が持てる内容になっている。


[新刊]
大人の感情コントロール
新講社 972 円 ISBN: 978-4860815806
感情的になった時、損か得か考える。この基準があれば、どんな相手ともうまくいく! 生活のさまざまな側面から、感情を上手にコントロールするコツを紹介。感情を解放して気持ちよく生きるヒントが満載。累計58万部「和田秀樹の感情の本」新刊。大人は感情的になったとき「損得」で考えると感情をコントロールできる。その考え方と方法。


[新刊]
もうちょっと「楽」に生きてみないか
新講社 972 円 ISBN: 978-4860815790
日本人は「楽をする」ことに罪悪感や嫌悪感を抱く傾向があります。「楽をする」ことに対して否定的で、つらくてもひたすら我慢をし、我慢することに価値を認め、つらくても同じようにやり続ける場合が多いのです。まじめに、ただがんばり過ぎて、つらいまま、自分を壊してしまう人も多いのです。「楽をする」ということはさぼることではありません。「楽をする」、すなわち「自分が楽しいと思えること」をするというのは、ある状況がつらいなら、自分なりに工夫をして、新しい取り組み方をしたり、新しいことにチャレンジしたりして、「つらい状況」を変えることです。それは創造的で、脳を鍛えることでもあります。「楽をする」ために、新しい創意工夫があり、新しい技術も生まれてきます。


[新刊]
自分を信じるということ ありのままで生きる
マガジンハウス 972 円 ISBN: 978-4838730261
「わたしはわたしでいい」そう思えるだけで、人生は輝き始めます。45万部のベストセラー『感情的にならない本』の著者が、長年書きたかった究極のテーマ!「自己肯定感」よりずっとわかりやすい、 「自分を信じるということ」自分を信じることは、いくつになってからでもできる!幸せに生きるためには、自分を信じればいい。私自身、そのことに気づくまでに長い時間がかかりました。この本では、「自分を信じる」とはどういうことなのかを、いくつもの例を挙げながら説明していきます。「ではどうすれば自分を信じることができるか」という疑問にも、可能な限り答えていきます。自分を信じることの第一歩は、自分の素直な感覚に従って行動することです。うまくいかないときでも、「ダメな自分」を信じてあげてください。そして、「本当はどうなりたいか」という心の声を、聞いてみてほしいのです。その願望を見つけることが、自分を信じることにつながります。


[新刊]
先生! 親がボケたみたいなんですけど…… 「老年精神医学」が教える認知症との付き合い方
祥伝社 1,512 円 ISBN: 978-4396616694
最近、久しぶりに親と電話をして、「あれ、ちょっと変……」と感じたことはないでしょうか?“ドキッ"としたあなたは、ぜひこの本を――。いまや65歳以上人口の4人に1人が認知症(軽度認知障害〔MCI〕患者を含む)の時代。あなたが結婚している夫婦であれば、お互いの両親合わせて4人の中で、誰かは認知症になるという計算になります。「もっとやれることがあった」と後悔しないために、「認知症」と宣告されて絶望しないために、ぜひこの本で、家族として「できること」・「できないこと」を知っていただければと思います。


[新刊]
60歳からの勉強法 定年後を充実させる勉強しない勉強のすすめ
SBクリエイティブ 886 円 ISBN: 978-4797399073
人生100年時代を生き抜くには、知識よりアウトプットが大事。定年後を充実させる「勉強しない勉強」のすすめ! これまでの勉強には、「新しい知識を注入し、知識の貯蔵量を増やす」という固定観念があった。中高年になれば、学生時代に身につけた基礎学力と、社会人になってから蓄積した知識や経験は、膨大な量になる。だが、知識を偏重するあまり、使いこなせていない人が多いのも現実。新時代を迎えるいま、中高年には知識習得型の勉強ではなく、その豊富なリソースを活用して、いかに人生に役立てるかが大事になる。知識依存から脱却し、思考をアウトプットできる人になる新習慣のすすめ。


[新刊]
いっきにわかる! 運転免許認知機能検査
洋泉社 950 円 ISBN: 978-4800315861
75歳からの免許更新の必読書! この1冊で検査の準備はバッチリ!! 2017年に改正道路交通法が施行され、75歳以上の高齢ドライバーが免許を更新する際や、事故を起こしたときに「認知機能検査」を受けることになりました。本書では「認知機能検査」の練習問題はもちろん、見逃したらいけない「運転能力低下のサイン」や、認知機能を保つ運動&食事なども紹介しています。これを読んで楽しいカーライフを満喫しましょう!!


[新刊]
スマホが起こす「自分病」って何?
新講社 972 円 ISBN: 978-4860815769
いつでも手にとれ、使えるスマホは、非常に便利な反面、SNS依存、ゲーム依存など、依存症を起こしやすい道具でもあります。スマホに振り回されて、現実にある大切な人間関係を壊したり、生きにくくなったりしないように、また、自分を見失わず、スマホを賢く使いこなすにはどうしたらいいか。精神科医・和田秀樹先生が本書で提言します。


[新刊]
年代別 医学的に正しい生き方 人生の未来予測図
講談社 864 円 ISBN: 978-4065130728
40代は脳・前頭葉の萎縮に、50代は身体よりも精神の健康に注意!会社で出世レースから脱落したら、子どもの就職がうまくいかなかったら、親や配偶者の介護に直面したら、ガンになったら――。どの年代で何が起きるのかを知っておけば、怖くない。和田秀樹流老年医学の総決算!後悔しない人生を過ごすための年代別傾向と対策40代 感情の老化を防ぐために毎日同じ店で食事をするのは、脳・前頭葉萎縮のサイン健康診断よりも脳ドックや心臓ドック「反抗期があった子のほうがいい子に育つ」はウソ


[新刊]
病院のやめどき 「医療の自己決定」で快適生活
朝日新聞出版 810 円 ISBN: 978-4022737762
どんな人にも「快適に生きる権利」があるはずだ。ところがほとんどの病院は、それを無視している。あなたの身体を診ようとはせず、検診結果の数値だけを見て、ほぼ機械的に薬を処方する。薬の副作用に関する説明はナシ。たとえば血圧の数値が「標準」より高ければ、降圧剤を処方する。だが、「過降圧」となって、頭がふらふらしたとしても、医者はあなたの訴えに耳を貸そうとしない。 「数値を標準にする」という医療の信奉者だからだ。しかも、日本の病院で出される薬は、日本人に有効であるというエビデンス(科学的根拠)が欠如していると言わざるを得ない。また、日本ほど集団検診が大規模に行われている国も珍しいが、国民の健康に役立っているか、はなはだ疑わしい。ほかにも医療界が隠したがる問題はやまほどある。患者は情報弱者になってはいけない!自分の健康な生活を守れるのは自分自身だからだ。病院から言われるままに治療して、副作用に悩みつつ少しだけ長生きしたら幸福だろうか?生活の質(QOL)を下げない生活を守れるかどうかはあなた次第。「医療の自己決定」が重要なのだ。日本の医療界の正体を明らかにし、快適に生きるためのヒントを紹介する。


[新刊]
マンガでわかる! 感情的にならない方法
宝島社 1,080 円 ISBN: 978-4800283795
職場、家庭、SNS……様々なシーンでストレスをかかえてしまい、ついつい感情的になってしまうことはありませんか?しかし、自分の感情とうまく向き合いアンガーマネジメントを上手に行うことは、社会的にも個々人としても今後ますます重要になるテクニックです。本書では、病院を舞台に主人公の感情的な看護師が、感情のコントロール技術を身につけて成長する姿を描きます。具体的な事例で現実にも応用しやすいエピソードが満載です。


[新刊]
人生が変わる! 頭の引き出しを増やす習慣
海竜社 1,296 円 ISBN: 978-4759316285
こんなことありませんか?「あ、それ知ってる」「聞いたことはあるよ」「検索すればすぐわかるでしょ」知っている、けど、そこから何も生み出せない。聞かれても答えられないことばかり……。ハッキリ言います。そんな「知っているだけの情報」には何の意味もありません!情報はあくまでもただの情報。本当に必要なのは、情報を知識として頭の中に定着させ、「引き出し」を増やしていく習慣、そして、その「引き出し」を自在に操ることのできる力です。仕事も人間関係もうまくいく「頭の引き出し」を増やすためのコツを、あなただけにこっそり教えます。


[新刊]
超長寿時代を生き抜く「多重人生」のススメ
文芸社 670 円 ISBN: 978-4286199221
どんな大企業、一流と称される企業でも、五年後、十年後は不透明です。会社が変わる、職種が変わる、立場が変わる、そうした環境で成功するのは、容易なことではありません。まさに、人生が多重化しているのです。また、人生100歳時代、定年後のセカンドライフも、おのずと多重化しています。激変する時代に、生き残る術とは?! いい多重人生のための和田式スキルは、これだ――! !


[新刊]
「いまどきの男の子」の心を強くする育て方
大和書房 702 円 ISBN: 978-4479307044
男の子を育てる難しさは、どの時代にもありましたが、「いまどきの男の子」を見ていると、かつてとは異なる難しさがあると強く感じます。「心の弱い男の子」が非常に増えているのです。自分に自信がなく、勉強・運動・人間関係で小さなトラブルがあるとすぐにへこたれて、前に進めなくなってしまう。学校でも、穏やかな「性格のいい子」が求められるからでしょうか。闘争心をもっているような子にも、それを丸くするような教育がよしとされているようです。では、「いまどきの男の子」に必要な「心の強さ」とはいったい何でしょうか?不安定な世の中を生きぬく、たくましい子に育てるために必要な3つの要素―それを本書でお伝えします。


[新刊]
「東大に入る子」の作り方 5歳までは?詰め込み?が善
幻冬舎 1,000 円 ISBN: 978-4344032941
たとえば、小学3年の国・算・英まで先取れ 教育も要領!和田式「親塾」開講!! ※ 少子化の最中、子供をいい学校に入れるチャンス到来。徹底的に親に寄り添う和田「親塾」開講!! 勉強ができる子に育ってほしいと思いつつ、「親の学力が大したことないだから期待しないでおこう」「人生、頭がいいだけでは生きていけない」……こうした思い込みが、明らかに子供の可能性を潰している。「自分から勉強する子」に育てるには、どうすればいいのか?ダメな子がみるみる変わる親の戦略とは?そのノウハウをまとめた、誰も教えてくれなかった親のための教育本。就学前に親がこれさえ教えれば、子供は「勉強好き」の「要領のいい子」になる!


[新刊]
感情的な人に負けない本
新講社 972 円 ISBN: 978-4860815691
最速で最大限の結果を出す!!科学的に脳の力を120%引き出す方法資格試験や語学、教養を身につけるためなど、多くのビジネスマンが勉強で悩んでいます。ところが、ほとんどの日本人が確実に効果が出る「勉強のやりかた」を習ったことがありません。本書は、多数のベストセラーを誇り、精神科医でもある著者が、科学的に効果が出る勉強法と、その実行法について徹底的に解説しました!「朝の脳」と「夜の脳」を使い分ける。ビジネスマンの上位3%に入る方法。勉強が続く習慣化/記憶力を劇的に伸ばす方法。など、すぐに使えるテクニックが満載です!


[新刊]
精神科医が教える すごい勉強法
総合法令出版 1,404 円 ISBN: 978-4862806147
最速で最大限の結果を出す!!科学的に脳の力を120%引き出す方法資格試験や語学、教養を身につけるためなど、多くのビジネスマンが勉強で悩んでいます。ところが、ほとんどの日本人が確実に効果が出る「勉強のやりかた」を習ったことがありません。本書は、多数のベストセラーを誇り、精神科医でもある著者が、科学的に効果が出る勉強法と、その実行法について徹底的に解説しました!「朝の脳」と「夜の脳」を使い分ける。ビジネスマンの上位3%に入る方法。勉強が続く習慣化/記憶力を劇的に伸ばす方法。など、すぐに使えるテクニックが満載です!


[新刊]
困った老人のトリセツ
宝島社 842 円 ISBN: 978-4800283207
最近困った老人のニュースが増えています。家族が止めるのも聞かずに車を運転し、死亡事故を起こしてしまう。ちょっとしたことでキレて暴力事件を起こしてしまう。女性にストーカー行為をはたらいてしまう。「これだから最近の老人は」と憤りを覚えても何も解決はしません。本書は、私たちの親や将来の自分にも起こりうる様々な困った行動に対して、原因を知り、それに合った対処法について解説しています。対処法を身につけて高齢者への理解が進めば、高い確率で「困ったこと」はなくなっていきます。超高齢化社会となった日本で、知っておきたい老人との上手な付き合い方を教えます。


[新刊]
「こうあるべき」をやめなさい ~人生が変わる9つの思考法
大和書房 1,512 円 ISBN: 978-4479796428
精神科医として言えることは、人は性格を変えられなくても考え方を変えたら幸せになれるということだ。集大成となる一冊!上手な「負け方」を知っている人がいちばん強い!「これしかない」と決めつけるから、苦しくなる。自分を不幸にする「思考パターン」を断ち切る、新しい9つの考え方!


[新刊]
親のための受験の教科書
ぴあ 1,296 円 ISBN: 978-4835638560
勉強ができる、できないは遺伝子で決まるわけではありません。成果を出せない子どもは、単に勉強のやり方が間違っているだけなのです!受験は技術です。ですから親が受験について知り、技術を教えることこそが、親の学歴以上に子どもの受験の成果に大きな影響を与えるのです。本書にはそのために必要な知識、方法論が詰まっています。ぜひお読みいただき、お子さんに成功体験を味わわせてあげてください。


[新刊]
40歳から始める「脳の老化」を防ぐ習慣
ディスカヴァー・トゥエンティワン 1,080 円 ISBN: 978-4799322352
人間は、?思わぬところ?から、思わぬほど早く老化が始まります。この?思わぬところ?とは─「感情」です。科学的な事象として言い換えると、「脳の前頭葉が老化する」ということです。前頭葉は、40代頃から萎縮し、老化し始めます。そのため前頭葉が司る感情のコントロール機能や自発性、意欲、創造性が衰えてしまうのです。本書では、前頭葉の機能と、その老化を防止する「脳のアンチエイジング」法、つまり「前頭葉の鍛錬」の具体的方法を、様々な視座からご紹介していきます。


[新刊]
感情バカ 人に愚かな判断をさせる意識・無意識のメカニズム
幻冬舎 842 円 ISBN: 978-4344984899
不倫でもカネでも地位でもない。あなたの人生を狂わせるのはあなたの「感情」です。喜びや楽しみの感情があるから人生は豊かになり、怒りや哀しみも生きるバネになります。でも、感情が過剰になり理性とのバランスを失うと、どんなに知的な人でも、信じられないほど愚かな判断をする「感情バカ」になってしまいます。しかも問題なのは、怒り・不安のような意識できる感情だけではありません。自分では気づかず無意識のうちに感情的になることで、「服従」「同調」「損失回避」など「心のクセ」が働き、あなたの判断はゆがんでしまうのです!40万部を超えるベストセラーとなった『感情的にならない本』の著者が「感情バカ」のメカニズムを解き明かした決定版。感情のせいで苦しむ・損する人生とは、もうこれでサヨナラです。


[新刊]
アドラー100の言葉 人は今すぐ幸せになれる
宝島社 1,080 円 ISBN: 978-4800280565
2016年2月に出版し、スマッシュヒットとなった『アドラー100の言葉 なりたい自分になるための心得』に続くアドラー格言集の第2弾。“自己啓発の父"といわれブームとなったアドラーの心理学エッセンスを100の言葉とその簡潔な解説でまとめる。今回のテーマは「人は今すぐ幸せになれる」。「目的論」「認知論」を中心とし、アドラー心理学の肝である「自己決定論」に関する言葉も網羅。“使える"アドラー本の決定版。


[新刊]
「いいこと」を引き寄せる法則
新講社 972 円 ISBN: 978-4860815653
「幸運」には、宝くじに当たることのような、自分の意志ではどうにもならないこともあります。けれども人生には、自分で引き寄せられる「幸運」、すなわち「いいこと」がたくさん潜んでいます。考え方や視野、行動を変えると、自分が出合っている「幸運」に気づくことがあります。自分は運がいい人間だと思えると、自分の人生に好循環をつくれるようになれます。なぜなら、自分は運がいい人間だと思えると、希望がわき、自信がもて、より積極的になれる。自分を肯定できる人生観を持てるからです。いろいろなことにチャレンジするようにもなる。自分の運に気づくこと、運を引き寄せること、そしてそれをさらに循環、発展させること。日々の生活の中で、どのように考え、どのように行動すれば、自分は運がいいと思えるのか、自分の運に気づくのか。それによって、自分の人生をよりよくできるのか。精神科医・和田秀樹先生が自身の体験をふまえ、人間心理に即して、本書でその考え方を実用的に解説しています。人生に「いいこと」は引き寄せられます。


[新刊]
図解版 なぜ、あの人は?人付き合い?が上手いのか
ゴマブックス 1,296 円 ISBN: 978-4777119943
思い込みが強い、ありがとうが言えない、要領が悪い…。人間関係ベタは自分の性格のせいではない。自分と相手を知り、自分の取るべき行動を変えるだけで「人間関係力」が高くなる35の方法を図解する。


[新刊]
テレビの金持ち目線―「生活保護」を叩いて得をするのは誰か
ベストセラーズ 843円 ISBN: 978-4584123843
生活保護を叩いて得をするのは誰だ? 広告主や権力に甘く、弱者に冷たいテレビの「金持ち目線」に物申す。 お笑い芸人を叩いた果てに、“生活保護の引き下げ"などナンセンス! 貧困層を締め付けて、喜ぶのは裕福層だけだ! ! ほかの先進国と比べて、「生活保護を受けている人の数」も、「GDPに対する生活保護費の支給額」も圧倒的に少ない“日本の現状"を伝えないテレビ、それに、便乗し人気取りと財界からの票田を見込む姑息な政治家、さらには、国民のリストラをたくらむ非情な官僚たち……。 精神科医として、教育関係者として、子を持つ親としての視点から、生活保護バッシングに潜む日本人の病理を考察。生活保護問題の“真の問題"を暴く!


[新刊]
もう怒らないレッスン
幻冬舎 583円 ISBN: 978-4344426887
些細なことでイライラ、ムカムカ。そんな自分に嫌気がさしていませんか。大脳辺縁系をうまく制御できれば、心はすぐに鎮まるのです――。自身も怒りっぽい性格に悩み、研究を重ねた精神科医が教える24のメソッド。「ジェラートで怒りモードがオフに」「カチンときたらありがとう」など、ちょっとユニークな大人の生き方レッスン。


[新刊]
私の保守宣言
ワック 972円 ISBN: 978-4898317662
「真の保守」とは何か? ──を考えるための一冊!自民党が総選挙で圧勝し「安倍一強」時代が続くからこそ言いたいこと
精神科医であり、また、正論新風賞を受賞(2004年)し、産経新聞「正論欄」のメンバーでもある和田秀樹が敢えて「もうひとつの保守」像の復興を直言する――日本を劣等国家に転落させないために!(著者の言葉)→日本は油断してはいけない! 学力にしても科学技術力にしても中国や韓国に負け始めている。そして「日本のよかった、保守すべき価値観」が崩壊寸前だ! 「太平洋戦争」や「戦後民主主義」や「日本人のアイデンティティ」を考える上でも、「右か左か」といった二分割思考ではなく、「ここの部分は是認できるが、ここの部分は否定する」という是々非々の視点からの保守論があってしかるべきだ。


[新刊]
日本史100人のカルテ
宝島社 734円 ISBN: 978-4800274038
古代~明治の偉人100人を現代医学で“診察"!贅沢三昧の挙句に糖尿病と敗血症を併発したと思われる藤原道長や、自己愛性パーソナリティ障害が災いした井伊直弼の末路など、病がいかに日本史に影響を与えたか解説します。通説とは異なるオリジナルな解釈をまじえて、日本史の楽しみ方が広がります。各人物にはカルテが付き、コラムでは、国宝『病草紙』をもとに平安時代の病と驚きの医療を紹介します。


[新刊]
図解版 「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ
ゴマブックス 1,296円 ISBN: 978-4777119707
いよいよ到来!? のろま「受難」の時代「会社人間」「完全主義」の2つの面から「のろま」を大量発生させてきた 日本。「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ今からでも間に合う、誰でも可能な「のろま」克服法を伝授!! 人を「のろま」にする、危ない思考を変え仕事と人生がうまくいく処方箋!!


[新刊]
新・頭のよくなる本
新講社 972円 ISBN: 978-4860815622
「頭のよさ」とは何でしょう。「学歴」は過去の頭のよさを示した「固定的なもの」ですが、「頭のよさ」は固定的なものではありません。「頭のよさ」とは、いろいろな考え方や知識を受け入れる柔軟性や、昨日より今日、今日より明日へと前進を続けられる能力と意欲を持っていることです。「頭のよさ」とは人生をどう生きるかに通じているのです。知識や語彙力は「道具」です。道具は使いこなされなければ、ただの道具で、古くなるだけです。頭のいい人は、考えるための道具を身につけ、それを十分に活用できる人です。活用するには、「道具」は今持っているもので十分です。今ある知識や語彙力を活用できればいいのです。活用することが大事で、活用することで、新しい知識が自然に身についていくからです。また、頭の働きと心の働きはつながっています。「頭のよさ」を固定されたものと考え、それまでの自分をとりまく「社会的評価」に囚われ、自分の人生をさらに進めることを諦めてしまう心理的障害は取り除かなければなりません。精神科医・和田秀樹先生が、人生をよりよくする「頭がよくなる考え方」を本書で説き明かします。


[新刊]
「自分から勉強する子」の親の言葉 男子版
大和書房 1,512円 ISBN: 978-4479796152
男の子は皆「後伸び」型。だからこそ親の「この一言」で劇的に変わっていく! 未来を生き抜く「自分から勉強できる子」の育て方とは 男の子が社会に出たときに1人で生き抜くためには、勉強をして競争に勝ち抜く力が不可欠。男の子に自分から机に向かわせ、「やる気」を出させる、親の「一言」を具体的に紹介する。


[新刊]
負けない大人のケンカ術 感情的にならない人が最後に勝つ
祥伝社 1,620円 ISBN: 978-4396616267
ベストセラー『感情的にならない本』著者による、組織での究極の生き残り戦術! 嫌な上司、ずるい同僚、響かない部下みんなまとめて解決だ!ベストセラー作家にして精神科医の著者が、自らの体験と心理学の見地から導き出した「大人のケンカで負けない方法」。●1勝9敗なら勝率10割 ●集団心理を知って社内世論をうまく導け ●負けても味方される人間になるポイトとは ●相手をねじ伏せるのではなく納得してもらう ●弱い自分を見せる人ほど強い ●勝つことよりも負けないほうが難しい

 
和田秀樹 こころと体のクリニック
和田秀樹 こころと体のクリニック
緑鐵ゼミナール
和田秀樹監修の緑鐵受験指導ゼミナール
和田塾緑鐵舎
和田秀樹監修の和田塾緑鐵舎
緑蔭中学校
和田秀樹監修の中高一貫校です
共栄学園
立命館中学校
立命館中学校・高等学校
学力向上!の会
メンタルヘルス対策・ストレスチェック・離職防止
メンタルヘルス・ストレスチェック
和田式0からの合格法
和田式0からの合格法
和田秀樹監修「和田式コーチング塾」
受験の方程式
 
 
最終更新日2019.06.30
(C) 2000-2019 Hideki Wada Institute,co All rights reserved.